美爽煌茶(びそうこうちゃ)は危険なの?

美爽煌茶はアップルティーベースの植物素材100%の健康茶です。

販売実績も豊富で話題の美爽煌茶ですが、飲んだ人の中には「気持ち悪くなった」「お腹がキリキリする」「お通じが緩くなった」といった感想を持つ方もいるそうです。

「体にいいはずの健康茶でなぜ?」を調べてみました。

美爽煌茶は危険じゃない

美爽煌茶は紅茶(アップルティー)、カッシア・アラタ、ローズヒップ、カワラケツメイ、エビスグサの種、麦芽、ギムネマ、麻の実、ファイバーの9種類が主要素材です。

みなさんも馴染みのある紅茶に植物素材をバランスよく配合していることでそれぞれの良さを引き出しあっています。

中でもポイントとなるのはカッシア・アラタ。

カッシア・アラタはその呼び名以外にもキャンドルブッシュ、ハネセンナとも呼ばれます。

インドネシアに古くから伝わる野草で煎じて飲んだり、すり潰して皮膚に塗ったりして生活の中で幅広く使われています。

カッシア・アラタは昔から飲まれている天然の薬草で、美爽煌茶には危険な化学的な成分は含まれていないんですね。

すごく頼もしいカッシア・アラタですが、やっぱり正しく使わないと正しい効果は得られません。

いつ飲んだらいいの?

美爽煌茶はカッシア・アラタ以外にもリンゴの果皮を含むためテアフラビンというポリフェノールが含まれます。

お風呂上がりや寝る前のリラックスタイムに飲むと、寝ている間にゆっくりと体にいい成分が吸収され翌朝に効果が実感できます。

体と心のための1日1回の新習慣を作りましょう。

美爽煌茶は効果あり

どれくらい飲めばいいの?

美爽煌茶は飲めば飲むほどいい効果が得られるものではありません。

初めて飲む場合はマグカップ1杯のお湯に1分程度浸して薄めから始めましょう。

しばらく飲んでみて自分の体と相性が良く感じられたら調子に合わせて3分ほど浸した標準の濃さを試してもいいかもしれません。

一気に取り入れるのではなく、体がびっくりしないよう薄めで慣らしてあげることがポイントです。

どれくらい続ければいいの?

美爽煌茶は一生続けないといけないものではありません。

体質はその時のホルモンバランスやストレス環境、食生活にも大きく影響されます。

1日1杯の習慣だけでなく程よい運動やバランスのいい食生活を心がけて、美爽煌茶の体にいいリズムを覚えるきっかけ作りのサポートをしてください。

注意してほしいこと

美爽煌茶はカッシア・アラタを含むため一度に何杯も飲んだり、濃い状態で飲むと下痢になることがあります。

お腹の調子が悪いときや下剤を使用するときは飲むのは控えましょう。

また、体質に合わないと感じたときは中止してください。

妊娠中や授乳中の影響は十分なデータが得られていないので医師等に相談してください。

通院中、または服用中の薬がある場合は医師等に相談の上で使用することをお勧めします。

間違えた使い方をしてしまうと「気持ち悪くなった」「お腹がキリキリする」「お通じが緩くなった」といった状態になりやすくなります。

正しく使ってスッキリ明るい毎日を迎えましょう。