便秘茶を飲んでお腹が痛くなったら?

即効性の高さで人気を集めている美爽煌茶(びそうこうちゃ)ですが、ネット上の口コミをチェックしてみると、「下痢になった」「腹痛が起きた」という声もチラホラ見受けられます。
こうした口コミを見ると「大丈夫なの…?」と少々気になってしまいますよね。

では、もし美爽煌茶を飲むことでお腹が痛くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

成分の効きすぎによりお腹がゆるくなる?

美爽煌茶には「カッシア・アラタ」と呼ばれる植物成分が入っています。
こちらは別名キャンドルブッシュとも呼ばれており、なんでも下剤でおなじみのセンナ成分と同等の効果を持つんだとか。

とはいえ、当然ながらカッシア・アラタは下剤成分ではありません。
あくまで「同等の効果を持つ」というだけなので、誤解しないよう注意してくださいね。
いわばカッシア・アラタは、それくらい強力な便秘解消効果を持つ頼もしい成分…ということです。

ただ、あまりに効きすぎると、やはりお腹がゆるくなることもあります。
下痢や腹痛になったという口コミは、恐らく成分の効きすぎによるものでしょう。

腹痛防止には「濃さの調整」が大事?

美爽煌茶は、自分で濃度を加減しながら作ることができます。
通常より長くすれば濃くなりますし、逆に短くすれば薄めになります。
自分の体調に合わせながら濃さの調整ができる、これも美爽煌茶の魅力のひとつでしょう。

「美爽煌茶自体はとても気になるけど、腹痛になったらと思うと心配…」。
そんな人はまず薄めの濃度にして飲んでみてはいかがでしょうか?

やはりいくら効果的であっても、下痢になったりお腹がいたくなったりするのは困りものですからね。
腹痛防止のために、「自ら好みの濃さにできる」という美爽煌茶の特徴を上手く活用してみましょう。

もし異変が起きたら服用を控えて!

美爽煌茶に副作用はありませんし、先程もご紹介したように、濃度の調整をすれば腹痛・下痢も起きにくくなります。

ただ、やはり人それぞれ体質は異なりますからね。
なるべく薄めに作って飲んでみたけれど、なぜだかお腹に異変をきたす…そんな方もいるでしょう。
例えば同じくらいの濃度であっても、Aさんはダメ・BさんはOKということもありますしね。

また、そもそも美爽煌茶自体が合わない、ということもあり得ます。

確かに美爽煌茶はとても評判のいい便秘茶ですが、やはり飲む人全員に合うとはかぎらないわけです。
もっともこれは美爽煌茶に限らず、どんなものにも言えることですよね。

そのため、もし下痢や腹痛といった異変が起きたら、その時は服用を控えましょう。