美爽煌茶を濃くして飲む方法

お腹をすっきりさせたい人に人気の美爽煌茶ですが、効き目が強すぎて下痢してしまう、お出かけ前に心配で飲むのがためらわれるという人もいるようですね。

その一方で物足りない、もっとすっきりさせたいと感じる人もいます。

体質は人それぞれですし、お茶の濃さの好みも人それぞれ違います。

それでは美爽煌茶を濃くして飲む方法をお伝えしていきます。

薄め、濃いめ?自分の味の好みを知っていますか

9種類の天然ハーブをブレンドしたアップルティー味の健康茶、美爽煌茶は基本の淹れ方としては、お湯250ccに3分浸します。

まずはこの濃さで作ってお試ししてもらうのがおすすめなのです。

もしもこの濃さで自分には強すぎる、もう少しライトな感じにしたいと思うならば、浸す時間を1分にしてみてくださいね。

初めて飲む場合で心配ならば1分から始めた方がいいかもしれません。

美爽煌茶を濃くして飲む方法

もっと、すっきりさせたい、濃い味の方が好きという人もいます。

その場合は浸す時間を1分ずつ長くして濃くしていくといいでしょう。

3分以上、10分未満の間に自分にとっての好みの濃さが見つかると思います。

それ以上浸すと濃くなりすぎて、少し渋みが出てしまいますので注意してください。

私は渋みのあるお茶は結構、好きですが、嫌いな人、苦手な人の場合はティーパックを2つにして時間は短く浸し、濃さを出すという方法をとるなど工夫してみてください。

またすごく濃くしたいという人はやかんで煮出すという方法をとる場合もあります。

この場合は、かなり強くなってしまいますので、初めて煮出した美爽煌茶を飲む時は、休みの前日の夜に飲むなど気をつけておきましょう。

美爽煌茶を濃くして飲むのにおすすめな人は?

美爽煌茶を濃くして飲む方は

・浸す時間を長くする

・ティーパックを2つにする

・やかんで煮出す

といった方法があります。

味が濃くなりますし、渋みが出る場合もありますが、基本の淹れ方より、かなり強い効果を期待できます。

美爽煌茶を濃くして飲むのにおすすめな人は、通常の淹れ方ではすっきりが物足りなかった人、強力な便秘なのでもっとすっきりさせたい人ということになります。

美爽煌茶を濃くするならば、お休みの日の前日の夜に飲むのがおすすめ

美爽煌茶を濃くして飲む方法をお伝えしました。

いきなり濃く作るのではなく最初は1分ずつ長く浸していく方がいいでしょう。

そして自分に合った濃さを見つけるようにしてくださいね。

また非常に濃くした場合は覚悟も必要だと口コミではありましたので、お休みの日の前日の夜に飲むのが安心ですね。

お出かけ先でお腹がピンチ!にならないように注意しましょう。